fbpx
木曜日, 8月 11, 2022
始める自家製の1968年のインパラは完成するのに7年かかりました

自家製の1968年のインパラは完成するのに7年かかりました

高品質のカスタムカービルドは通常、顧客から特定の要望を生み出す大型店のために予約されています。しかし、「Built Not Bought」運動はカスタムカーシーンで注目を集めており、より多くの愛好家が実践的なアプローチを取っています。 このシボレー 1968年のインパラコンバーチブルはそのような車の1つであり、その所有者は何年もかけてそれを完璧なストリートマシンに変えてきました。

1968年のシボレーインパラはクラシックなローライダーのように見えます

KandyonChromeYouTubeチャンネル 最近、クラシックカー愛好家のホセと会い、1968年製のシボレーインパラコンバーチブルについて話しました。ビデオは、車のツアーと、このクラシックカーで行われた作業のほとんどすべてが店ではなく所有者によるものであるという説明から始まります。

インパラは、リムの選択に完全に一致するフロントアップとリアダウンの外観を持っています。スリムなヴォーグホワイトウォールタイヤを装着したボディカラーのシボレーラリーホイールは、ローライダースタイルに敬意を表しています。

このカスタムペイント作業は、車両全体とエンジンコンパートメントで実行されます。

オールドスクールモダンタッチ

1968年には、4つの異なるV8エンジンを搭載した新しいシボレーインパラコンバーチブルを注文できました。このカスタムストリートカーは、元のV8を捨て、最新の6.2リッターLT1V8にアップグレードされました。インテークマニホールドや水浸バルブカバーなど、多くのカスタムタッチがあります。 LT1は、元の形式で460馬力と465ポンドフィートのトルクを生成します。エンジンが現在どれだけの馬力を持っているかについての言葉はありませんが、それは提示された数値よりも多いと確信しています。

パーツハイドロディッピング技術は、車内を含む車両全体に適用されます。パネルは、外装の色と一致するカスタムブルーのハイドロディップウッド仕上げです。ステアリングホイールも同じカスタムテクニックを使用しており、クラシックなローライダースタイルにモダンなひねりを加えたスタイルを車に与えています。

元のゲージはなくなり、ヴィンテージのように見えますが、完全にモダンなDakotaDigitalパネルが代わりに使用されています。メーターディスプレイは、古い学校のメーターのヴィンテージの外観を保持していますが、最新のデジタル電子機器でそれらをサポートしています。クロームはなくなり、バンパーとトリムがボディにマッチしました。クリアレンズを備えた最新のLED照明は、車の外観を清潔でシンプルに保ちます。

個人がこの品質の構築を達成することは必ずしもありません。細部へのこだわりは印象的で、車の所有者であるホセが車に取り組むことへの真の情熱を示しています。それぞれが所有者と同じくらいユニークであるため、より多くの愛好家が彼らのスキル、ビルド、カスタムカーを披露することを願っています。

自動車の世界についてもっと知り、それについて私たちに話したいですか?私たちに従ってください Facebookのページ !自動車愛好家の間での議論、情報、経験の交換のための場所。あなたも私たちをフォローすることができます インスタグラム.


も参照してください:

自動車業界からの最新ニュースや最新情報を受信トレイに直接届けましょう。

関連している

答えを残す

コメントを入力してください!
ここにあなたの名前を入力してください

人気

jaJapanese