fbpx
火曜日, 11月 29, 2022
始めるダッジ チャージャー キング デイトナがドラッグ レース王族に屈服

ダッジ チャージャー キング デイトナがドラッグ レース王族に屈服

ここ数時間で、 ダッジ ダッジ チャージャー キング デイトナの名前で、ブランドのラスト コール レンジに属する最新の車を発表しました。これは、真のレースの血統と考えられる特別版の車です。

新しいチャージャー キング デイトナは、1969 年のダッジ チャージャーを「キング デイトナ」と呼んで勝利を収めた、1960 年代の西海岸のドラッグ レース シーンの有名な君主であるウィリアム “ビッグ ウィリー” ロビンソンにインスパイアされています。

ダッジ チャージャー キング デイトナは、ユニークなプレミアム デザインになります。

頑丈なセダンの新しいバージョンは、オリジナル モデルに敬意を払い、パフォーマンスを 818 馬力に高め、シグネチャーのゴー マンゴー エクステリアとシグネチャーのオレンジ色のインテリア インサートを組み合わせています。

キング デイトナの配色はインテリアにも取り入れられており、オレンジ色のデイトナのロゴがブラックのナッパとアルカンターラのシートに配され、インストルメント パネル、コンソール、ステアリング ホイール、ドア トリムにアクセントとしてステッチが施されています。

追加の標準機能には、アルカンターラ巻きのステアリング ホイール、カーボンファイバー インテリア アクセント、プレミアム ハーマン カードン オーディオ システム、ナビ パッケージ、スエード ライニングが含まれます。

トラック上でキング デイトナを識別する方法は他にもいくつかあります。たとえば、リア バンパー、ボンネット、ルーフにサテン ブラックのキング デイトナ グラフィックが施されています。 20 インチ サテン カーボン ワープ スピード ホイール。ユニークなエンブレム;オレンジ色の 6 ピストン ブレンボ ブレーキ。

チャージャー キング デイトナのボンネットの下には、標準の SRT ヘルキャット レッドアイよりも 10 馬力多い 807 馬力を発生するスーパーチャージャー付き 6.2 リッター V 型 8 気筒エンジンが搭載されています。

チャージャーキングデイトナはダッジの遺産をマークします

新しいモデルは、7 つのラスト コール スペシャル エディション モデルの 5 番目であり、ダッジ チャレンジャーとダッジ チャージャーの遺産を称え、ブランドの歴史の中で特別な位置を占める 2 台の車両に敬意を表しています。

最後から 2 番目の車両は 9 月 21 日に発表され、最後の車両は来月ラスベガスで開催される SEMA ショーで世界デビューします。

ダッジ チャージャー キング デイトナは300台限定で、価格は未定。

このトピックについてもっと知りたい、または私たちと話したいですか?私たちに従ってください Facebookのページ !話し合い、情報提供、経験の交換の場。あなたも私たちをフォローすることができます インスタグラム。


も参照してください:

自動車業界からの最新ニュースや最新情報を受信トレイに直接届けましょう。

関連している

答えを残す

コメントを入力してください!
ここにあなたの名前を入力してください

人気

jaJapanese