fbpx
火曜日、2022年5月24日
始めるニュース1965年ランボルギーニトラクターが完全に復元されました

1965年ランボルギーニトラクターが完全に復元されました

クラシックな1965年製ランボルギーニ3CTLトラクターがオークションにかけられ、個人コレクションの一部として保存され、完全に改装され、水色とオレンジ色で元の状態に復元されました。

完全に機能する40馬力のクローラートラクターは、4速デュアルレンジマニュアルトランスミッションを備えた空冷3気筒ディーゼルエンジンを搭載しています。

トラクターにはフロントライトとリアライトが装備され、ホイールとエンジンハウジングは上半身に合わせてオレンジ色に仕上げられています。

トラクションは、ポータルアクスルスタイルのシステムと大型の後輪駆動スプロケットを介して後輪に送られます。トラックの張りは、フロントアイドラーの前後調整によって制御されます。マッドガードアセンブリは、トラックテンションとアイドラーアセンブリの下側に取り付けられています。

オペレーターには黒いビニール張りのシートが用意されており、コントロールには、ディファレンシャルステアリングシステム用のハンドル、フォワードリバースセレクター、4速トランスミッション用のシフター、PTOなどの機能用のコントロールが含まれます。 2,500 rpmのタコメーターには、合計5,800時間を表示するアワーメーターが組み込まれており、そのうち約5時間はディーラーによって追加されました。

空冷2.2L3気筒ディーゼルエンジンは、工場出荷時の定格40馬力で、エンジンルームの左側にあるダクテッドファンアセンブリによって冷却されます。電力は4速デュアルレンジトランスミッションを介してトラックに送られます。

データプレートはエンジンケースの側面に貼付されており、エンジンの種類、数、ピーク出力が発生する速度を示します。

イタリアの登録小冊子が含まれています。ページのサンプルは、イタリアのプラークと同様に、下のギャラリーに表示されています。


も参照してください:

自動車業界からの最新ニュースや最新情報を受信トレイに直接届けましょう。

関連している

答えを残す

コメントを入力してください!
ここにあなたの名前を入力してください

人気

jaJapanese