fbpx
月曜日, 11 月 28, 2022
始めるかつてナポレオンが所有していた放棄された邸宅には、秘密の放棄された車があります

かつてナポレオンが所有していた放棄された邸宅には、秘密の放棄された車があります

YouTubeチャンネル「Abandoned World Explorer」は、そんな場所を見つけました。 何十年も放置されていた大邸宅には、ヴィンテージのフランス車が展示されています。 あるいは、それらはもう完全ではないので、残っているものを言うべきかもしれません.

しかし、それらの話に移る前に、このビデオは、数十年前に放棄され、木々の間からほとんど見えないほど大自然に引き継がれた大邸宅を探っています. そして見よ、邸宅はかつてナポレオンによって所有されていました.ナポレオンは1804年から1814年までフランス帝国を統治し、その後1815年に数ヶ月間.

彼もこの邸宅に住んでいたという話がありますが、それはごく短い間だけでした.もちろん、彼はヨーロッパを征服するのに忙しすぎたからです。

しかし、この場所には恐ろしい秘密も隠されています。 地元の人々は、1960 年代にここに住んでいた人が行方不明になり、見つからなかったと言っています。 彼は殺害され、これらの壁の中に埋葬されたと言う人もいます。

ええと、私たちのホストは幽霊を見つけませんでしたが、クラシックなフランス車の残骸に出くわしました.どちらも シトロエン 2CV、フランスの会社が1948年から1990年にかけて製造したエコノミーカー。そして「残り物」とは、それらがなくなったことを意味し、そのうちの1台はシャーシとホイールからエンジンとインテリアまですべてが欠けています.

それらの車はここに住んでいた最後の人のものでしたか? 保管のためにここに運ばれたのですか? これは私たちが決して知らないことです。 しかし、彼らがこのようになってしまったのは残念です。 もちろん、2CV は希少価値が高いとは言えませんが、どんなに一般的であっても、そのような運命に値する車はありません。

ああ、2 番目の 2CV は Fourgonette であることに注意してください。これは、シトロエンがダッシュボード バンを採用したものです。 この車は、ホイール、エンジン、フロント バンパーの 1 つを除いて、ほぼ完成しています。 また、通常の 2CV ほど一般的ではありませんが、500 万台以上が製造されているため、見つけるのが難しいものはありません。 彼らはまた、初代ルノー 5 のテールゲートも発見しました。

このフランス製ハッチバックが 1972 年に登場したことを考えると、1960 年代の謎の失踪後もずっとこの場所に人が住んでいたことを示している可能性があります。

動画の最後(55分あたり)で見捨てられたシトロエンをチェックすることができますが、控えめに言っても、この場所は興味深いので、全体の映像を楽しむこともできます. はい、それは荒廃し、破壊されましたが、フランスの建築に興味があるなら、それでもクールなタイムカプセルです.

もっと知りたい、またはそれについて私たちに話したいですか?私たちに従ってください Facebookのページ  !話し合い、情報提供、経験の交換の場。あなたも私たちをフォローすることができます インスタグラム.


も参照してください:

自動車業界からの最新ニュースや最新情報を受信トレイに直接届けましょう。

関連している

答えを残す

コメントを入力してください!
ここにあなたの名前を入力してください

人気

jaJapanese