fbpx
2023 年 2 月 9 日木曜日
始めるホンダとソニーが提携して電気自動車会社を設立し、...

ホンダとソニーが提携し、電気自動車とモビリティの会社を設立

ホンダとソニーは、ソニー・ホンダ・モビリティと呼ばれる新しい合弁会社の最近の発表によると、2026年春に電気自動車を製造し、米国で販売するためのパートナーシップを発表しました。

ホンダと日本のエレクトロニクス大手ソニーは、電気自動車の将来に大きく賭けており、北米のホンダ工場で新しい EV を生産することを計画しています。

ソニー ホンダ モビリティは、この特定の EV を日本に輸出することも計画していますが、ヨーロッパでの発売も検討されていますが、まだ正式な決定はありません。

ソニー ホンダ モビリティ プラン

ソニーとホンダの幹部は、今後の EV を、インフォテインメント システム、高度なソフトウェア、複数のセンサーなど、ソニーの多くの新技術を組み込んだ高価値モデルと表現しています。

当初、この新しい EV は、ホンダの最も重要な市場の 1 つである北米で優先的にオンラインで入手できるようになります。

ホンダの幹部によると、電気自動車に有利なインセンティブと規制, カリフォルニアの人々と同様に、決定において重要な役割を果たしました。

「北米を選んだ理由は、北米がより先進的で、購買力の高い市場だからです。エレクトリック モビリティは州ごとに異なりますが、カリフォルニアのような市場で製品を販売することは重要です」と、新しい合弁会社の CEO である水野康秀氏は述べています。

ホンダは、新しいモデルの製造と供給を担当します。しかし、ホンダの社長は、どの自動車メーカーが車両を製造するのか、または誰がバッテリーのサプライヤーになるのかについては明らかにしていません。

それでも、ミズノヤスヒデによれば、ベンチャー全体は、ホンダの既存のサプライチェーンと、Ultiumとして知られる独自のバッテリーを持つLGやゼネラルモーターズなどの現在のバッテリーパートナーを活用する.

ソニーは、EV のクラウドベースの電子機器、ソフトウェア、インフォテインメント システムの多くと、より高度な自動運転の実現に役立つセンサーを担当します。

ソニー ホンダ モビリティは、2025 年前半に新車の受注を開始し、2026 年に納車される予定です。

このトピックについてもっと知りたい、または私たちと話したいですか?私たちに従ってください Facebookのページ  !話し合い、情報提供、経験の交換の場。あなたも私たちをフォローすることができます インスタグラム.


も参照してください:

自動車業界からの最新ニュースや最新情報を受信トレイに直接届けましょう。

関連している

答えを残す

コメントを入力してください!
ここにあなたの名前を入力してください

人気

jaJapanese